• このページは自転車ネタを中心とした掲示板ですが、その他ネタにも自由に使ってくださいませ♪
  • 新規スレッドの作成にはユーザー登録が必要です。
  • ユーザー登録はハンドル名とe-mail、パスワードを登録するだけですのでお気軽に~
  • スレッドの作成は登録後に新規スレッド作成ページからどうぞ!
  • ユーザー登録がちょっと・・・という方は質問専用スレッドを用意していますのでそちらに書き込んでください
  • 既存スレッドへのレスはユーザー登録の必要はありませんが、今後もお付き合いいただけそうなら登録していただいた方がいろいろ楽しいかもしれません(笑)
  • 掲示板が重くて書き込めない、Javascriptが使えない、という方はシンプルで動作の軽い携帯版の掲示板をPCから利用することも可能です~
新規スレッド作成

アクティブなスレッド一覧

2004年購入

user-pic
(コメント:7件)
2004年購入

かなりひさしぶりの、投稿です。
どうでもよかったんですが、書き込んでしまいました。
ここの、サイトで知ったヤマホンも2004年からいまも乗っています。
子育て中なのでほとんど物置にしまってありましたが、
ひさしぶりに自転車通勤に使ってそのときの一枚です。

これも関係ないですが、
見学しに行こうと思っていた、
熊谷バーニングマンレースは今年はやらなかったんですね。

それでは、
またいつかオフ会でお会いできることを楽しみにしています!


このスレッドへのコメント(7件)

user-pic
匿名 |2019年8月22日 22:46

こんなにも装飾ゼロのシンプルなモノだったんですね。時代を感じてしまいますが、2004年とは。今世紀のモデルなんですね。

どうでもよかったんですが、っていいんじゃないですか。何にも無いことを書き込むというのも。

user-pic
ゆう2019年8月24日 23:29

いるかさん、はじめまして(かな?)
自分も2009年のヤマホン持ってます。当時のあのお値段で普通のホムセンの折り畳み自転車とは違う、しっかり感とかホイールベースが長いとか乗り味とか、なんか良いのでたまに乗ってます。それにしても2004年のが現役なんて、走っているのはなかなか見られませんよ。スゴイじゃあないですか。(*'▽')

user-pic
匿名 |2019年8月25日 00:00

ゆうさん、2018年のいなさんの帰国飲みのときに
ご一緒だったような⁉️新宿かどこかで。

通勤なのでどろよけあり、安いので、駅の駐輪も怖くない。
ひさびさにロードも乗りましたけど52tのフロントはとてもじゃないが踏めなかった。

でも、クロモリの自転車を一台ほしいところ

user-pic
乾し肉2019年8月26日 21:59

こんにちは。はじめまして… ですよね?
15年モノのヤマホンにお乗りなんですね!
安い安いと言いつつこれだけ長く使えるとは、素晴らしいコスパですね。

user-pic
いるか |2019年8月27日 22:26

ログイン忘れてました。

はじめましてだと思います、よろしくです!

秘密基地にもまた、行きたいと思いながらも
10年近くお邪魔してないなぁ…

秘密基地の常連さんのかた、ここまだみてますかねー?(笑)

user-pic
ita |2019年9月 1日 20:22

一応、たまには見てます。(笑)

user-pic
いるか |2019年9月 2日 21:31

itaさん発見!
ブログの自作NC、よくみてます。
そちらにも、お邪魔しに行きます(笑)

うなぎオフであったのが最後かなぁー。
なつかしい

野々海峠

user-pic
(コメント:5件)
野々海峠
野々海峠

野々海峠
野々海峠

14日に信越国境にある野々海峠に出かけてみました。

飯山線の平滝駅(長野県 栄村)から走り始めました。
駅から峠までずっとキツイ坂が連続し、10KMほど走るのに2時間ほどかかってしまいました。
標高の高いところではブナの木が多く立っています。(写真1)
正直言って長野県側はあまり面白い眺めはなく、「こりゃ失敗だったかな」と思ったのですが、峠を越えた途端に印象は一変。
眼下に上越市の眺めが開け、その向こうには日本海も見えます。(写真2、3)
ずんずん降りていくと頸城地方のお約束、棚田の眺めがお出迎え。(写真4)
ゆきだるま温泉というところで汗を流してから輪行で帰ったのでした。

青春18きっぷ消化企画としてのツーリングだったのですが、朝イチの電車に乗って、平滝駅に降り立ったのが正午過ぎ。同じ県内なのに5時間半もかかるなんて...。ちなみに帰りは17時の電車に乗って帰宅は23時でした。
野々海峠のすぐ近くには野々海池というのがあり、また同じ稜線上に深坂峠という峠もあるのですが、今回は時間がなかったので行きませんでした。どこかで一泊して、もう少し時間に余裕を持って訪れたいところです。

駅から走り始めてすぐに「野々海峠・深坂峠ともに通り抜けできません」との看板が立っていましたが、構わずに突き進みました。
実際、工事中の場所もあったのですが、お盆で休工中だったので問題なく通れました。
もし作業中だったら追い払われていたかも。


このスレッドへのコメント(5件)

user-pic
gen2019年8月16日 06:57

ん前は知ってる何だっけ?そう、栄村100kmサイクリングのスタートゴールであったスキー場の直ぐ上の峠として名前だけ覚えていたんですね。

実際に行ったこっとは無かったけれど懐かしい気持ちになります。

14日は上越で最高気温40度越えでしたね。峠では暑くなる前のいい感じの風が吹いていたのではないでしょうか。

user-pic
乾し肉2019年8月17日 22:05

私はスキー場じゃないルートで行きました。
地図で確認すると、峠は「スキー場の直ぐ上」とは言えないような…。標高差にして300m近くあるし。
とは言え、駅で降りて「栄村イベント参加者はここまで来てたんだなぁ」とは思ってましたよ。

平滝駅では暑くて暑くて、登りながらも汗ダラダラでした。
峠は木の陰になるところが多かったので過ごしやすかったかな。

user-pic
ゆう2019年8月24日 23:37

車だと眺めている間もなく通り過ぎてしまいそうな場所も自転車ならじっくり眺められますね~。もっとも特に夏ですと眺めの良い所まで行くのが大変ですが・・・(笑)

user-pic
乾し肉2019年8月26日 21:55

ゆうさん

長野県側から登ったらかなり大変でした。汗ダラダラ。
新潟県側もかなりキツかったような印象です。
かと言って冬は積雪があるだろうし…

user-pic
乾し肉2019年8月26日 22:00

なんか、また掲示板の挙動がおかしいなぁ。

裏側からニセコへ

user-pic
(コメント:2件)
裏側からニセコへ
裏側からニセコへ

裏側からニセコへ
裏側からニセコへ

お盆休み最終日の日曜日、ちょっと遠出してニセコへ。
バス輪行で岩内へ、岩内から倶知安まで自転車、倶知安からの帰路はJR輪行です。バスとJRと往復同じでないのは他に選択肢が無いから。岩内は鉄道は無く、倶知安はバス便が(札幌まで行く便は)無い。

岩内のバス停は港のすぐ傍なので、ヤマ行こ!が大好きな海抜ゼロからの登り。最高地点は830mですが、地図には峠の名前が無い。

その少し手前に神仙沼という尾瀬みたいなところがありました。尾瀬は歌の歌詞の通り「遥かな尾瀬」行くのはとっても大変。ここは駐車場から遊歩道を15分くらいですよ。

<写真1>岩内港。背後のニセコの山は雲の中。
<写真2>だいぶ登ってきました。
<写真3>尾瀬そっくりですね。
<写真4>ここはなかなかビューティフル。


このスレッドへのコメント(2件)

user-pic
ゆう2019年8月24日 23:32

絵葉書みたい。こんな美しい所に自転車で行けるなんていいですね~。

user-pic
乾し肉2019年8月26日 21:52

寝っ転がって空を眺めたら気持ちよさそうですね。
寝られるようなベンチとかあるのかな?

それはそうと海に触っている写真がないですね。
失格!(笑)

再びのジェット

user-pic
(コメント:5件)
再びのジェット
再びのジェット

再びのジェット

以前所有していたDahon Jetstream P8、結構気に入っていたのですが家庭の事情から泣く泣く手放しました。あれから9年・・・。
4~5年前から探していましたが、国内販売は2012年で最後。もう手に入らないなあ・・・と思っていましたら、ひょんなことから偶然見つけてしまいました。

①・② 2012年製Dahon Rapid P8 中華仕様。2012年の国内仕様とは違い当時所有していた2009年製とそっくり。ディレーラーとかグリップが劣化していたそうですが自転車屋さんでシフターと共に交換済。シートポストもi-BEAMが固着していて角度調整が出来ませんが前後調整が出来たのでOK、ペダルも転がっていた物を仮に付け、ライトとベルを付けてとりあえず乗れるようになりました。
③ 多摩サイで微調整して乗ってみました。感想「何もかもみな懐かしい」。重くて輪行で苦労したことも、Dahonなのに折り畳んでもシートポストが接地せず何度も転倒したことも、腰高なところも、そして乗り心地が良いこともみ~んな思い出しました。
最近はノーマルのtikitや14インチのDahon Dove Unoばかり乗っていたので、ペダルを止めても速度の落ち方が緩いのにビックリ。
なんかうれしいです。これでしまなみ行きたいな。


このスレッドへのコメント(5件)

user-pic
ゆう2019年8月18日 20:28

ありゃりゃ??写真小さいっすね~(笑)

user-pic
乾し肉2019年8月18日 22:46

Jetstream復帰おめでとうございます。
個性の違う車種を持つのは楽しいですね。

車体がある程度重たいほうが乗り心地は良くなるのかな、とモールトンの重&軽モデルを乗り比べて思ったことがあります。

user-pic
gen2019年8月21日 22:04

一度手放した車体をまた手に入れるなんて、偶然のチャンスがあったとはいえ、よほど気に入っていたんですね。

user-pic
ゆう2019年8月24日 23:02

>乾し肉さん

ありがとうございます。
車体が重いとどうなのかは軽い自転車を持っていないのでよくわかりませんが、なんかずっと乗っていたくなる乗り心地だったような記憶があって、実際多摩サイで減速用のデコボコを乗り越える時、KHSとかtikitだと振動で前がハネるような感じなのですが、Jetstreamはそれをいなしてくれるんですよね~。もっとも重量がある分、多少距離を走ると最後には足にきますが・・・(笑)

user-pic
ゆう2019年8月24日 23:11

>genさん

以前genさんに、「どうして手放したの?」と聞かれたことがあって、その時は「体に合わなくて」とか「アルミは固いし」とか、訳のわからないこと言った記憶があるのですが、実は泣く泣く手放していたんですよ。恥ずかしくて言えなくて。でもホントは結構気に入ってました。欠点も多いし扱い難い所もあるのですが今度こそは大事にしま~す(^^)/。

洞爺湖畔の道

user-pic
(コメント:1件)
洞爺湖畔の道
洞爺湖畔の道

洞爺湖畔の道
洞爺湖畔の道

ここ1週間くらい、北国札幌でも蒸し暑さ+熱帯夜、まさに日本の夏という感じになっています。今日もそうでした。

中山峠への道は、定山渓からの直線の緩い上り、直射日光を遮る木陰が全く無くてヘロヘロになりました。1kmごとに休んで体温を下げてという感じ。

峠を越え、南へ進んで洞爺湖へ。北側から湖畔に出て時計回りに3ぶんの1周し、昭和新山に初めてご対面。伊達紋別から輪行で帰りました。

湖畔の道は森の中で涼しくて気持ちいい。それから、このあたりの田園風景が北海道らしくないというか、本州にありそうな風景なんだよね。家も札幌あたりと違って三角屋根が多いし、気候が違うのでしょうか。


このスレッドへのコメント(1件)

user-pic
乾し肉2019年8月 6日 21:10

3枚目の写真はまるで新緑みたいな爽やかさですね。

>本州にありそうな風景
それはたぶんあれですよ、道路のある平地と山との距離感でしょう。典型的な北海道の地形に比べて、山までの距離が近いのでは?

「雨の中を散歩」のはずだったけど

user-pic
(コメント:2件)
「雨の中を散歩」のはずだったけど
「雨の中を散歩」のはずだったけど

「雨の中を散歩」のはずだったけど
「雨の中を散歩」のはずだったけど

日曜日は起きたら雨。
なんだか「しとしとぴっちゃんと雨が降る中を走りたい」という欲望がむくむくと湧き起こってきたのですが、走り出す頃には雨はやみ、せっかく用意した雨具は出番がなかったのでした。
ま、しっとりした空気の中を走れたから良しとしましょう。

ルートはいつもの大平峠と鳩打林道です。


このスレッドへのコメント(2件)

user-pic
gen2019年7月10日 22:26

雨の日のほうがいいことって、あるのかな?

user-pic
乾し肉 からgenへの返信 |2019年7月10日 22:48

晴れた日よりも強まる木々や土の匂い。
肌にまとわりつく冷気。
雨音が強まるのに反比例して静まる鳥や虫の声。
靄で不明瞭になる遠景と、濡れて強烈さを増す近くの緑。

雨のほうが「より良い」ということでなく、単に「晴れと雨とでは異なる」ということですね。

積丹半島横断

user-pic
(コメント:2件)
積丹半島横断
積丹半島横断

積丹半島横断
積丹半島横断

海岸線の国道は前に通っているので今回は内陸を横断。

海岸線は余市から泊まで約90km、そのかなりの部分が断崖・奇岩の絶景。そういうところは、大概アップダウンが激しく大変苦労させられるものですが、ここは新しいトンネルと橋梁で比較的楽に走れます。トンネルで後ろから迫るクルマには緊張させらるものですが、ここは交通量少なくその心配も少ない。ということで北海道の海岸線サイクリング私的にお勧めコースです。札幌からも近いしね。

前置きが長くなりましたが、今回は内陸。道道998号という、3桁国道みたいな下手すると4桁行きそうじゃないですか。どれほどショボイかと思ったら、開けてビックリ高規格のすごい道でした。なんでここまで立派なのか疑問。

<写真1>古平川。川遊びかと思ったら、装備をつけて本格的です。夏ですね。
<写真2>峠付近は覆道が連続。振り返るとまるで大蛇。峠は越えたというよりくぐり抜けた(笑)
<写真3>峠から片道25分。途中、誰もいない。ヒグマに会いませんように。
<写真4>地形を無視して理想の線を引いたような道路。


このスレッドへのコメント(2件)

user-pic
乾し肉2019年7月 6日 22:30

北海道は今が花の盛りでしょうか。
3枚目の沼の周りにも花が咲いているようですし。
いま大学の友人が礼文島に旅行しているとのことで、花と料理を満喫しているようです。そのうちgenさんからのレポートも期待してます。

でもやはり私は高規格な道路は好かない(笑)

user-pic
gen2019年7月10日 22:22

礼文島は今一番行きたいところ、だけれどもハードル高いな。3日連続で休みが取れたらなあ。近くの丘珠空港から利尻島までの航空便はあるんだけれど。


サイト内検索

こちらのフォームからサイト内を検索することができます

ツイッター始めました

2年くらい前にとったアカウントを復活
たぶん、しょうもないことやサイトの更新状況とかつぶやくかもせれません。

オフ会・自転車イベント予定

ミニオフや折りたたみ自転車関連のイベント情報掲示板

お友達ブログ新着記事

このリストに参加希望の方はこちらの記事をごらんくださいませ~

携帯版はこちら

折りたたみ自転車コミュニティは携帯電話から閲覧・コメントの書き込みが可能です(一部の旧機種は対応していない場合があります)


携帯版はこちら!

メール・その他

管理人inaへのご連絡はこちらからどうぞ♪

RSSリーダーでこの掲示板の更新情報を取得可能です